住宅ローンの減税制度

住宅ローンはかなり高額の手数料を支払うことになるので、できることであればローン減税を最大限に活かしたいのですが、どのような方法があるのか、どのぐらい減税になるのかを始めに知っておく必要があります。
まずはローン減税のポイントを押さえておくべきなのですが、抑えておくべきポイントは4つあります。


1つ目は住宅ローンの残高分に関しては10年間所得税が1パーセント控除されることなのですが、たとえ1パーセントであっても住宅ローンの金額は相当な物なので、控除されるのとされないのとでは全く違ってきます。


2つ目は住民税からも一部控除できるということなのですが、住民税の場合は必ず控除されるという訳ではありません。
よってどのような条件であれば控除されるのかをあらかじめ知っておくことが大切です。


3つ目は最大控除額を知っておくことなのですが、近年ではどんどん条件が悪くなっている傾向にあるものの、最大控除額は平成26年の4月から、従来の200万円から400万円に変わっているので注意しましょう。
また、住民税の控除対象額も変わっています。


4つ目は消費税増税による影響を知っておくことなのですが、現在では消費税が8パーセントになっています。
しかし、平成27年の秋には消費税が10パーセントまで引き上げられる可能性が高いので、消費税増税の影響がどれぐらいあるのかという点もしっかりと理解しておきましょう。


当サイトでは住宅ローンと税金がどのように影響しているのかという情報を公開しているので、今後住宅を購入しようと考える人の役に立てれば幸いです。

Copyright © 2014 住宅ローンと減税 All Rights Reserved.